【2019年金相場】今年の金の変動を徹底調査

こんにちは!鑑定ちゃんです。年末と言う事もあり買取が多くなかなかブログを更新できませんでした。すみません。

年末は大掃除などで不要な物を整理しようと言う方が多いため買取は多くなります。年始はよくものが売れますね!以前までは年末にかけて時計やバッグなどが売れるため、買取価格は高騰しがちでしたが最近はあまり変わらなくなってきましたね。

さて、今回はですがもうすぐ2019年が終わると言う事で一年間の金相場がどのようになったか見ていきたいと思います。

2019年の金相場について

では早速ですが今年一年間、金相場がどのように推移したか見ていきましょう。

金相場は毎日変動しますので一ヶ月の間で高い日があれば安い日もあります。今回は月単位で最も高かった値と最も低かった値をまとめました。

まずは2019年の1月時点では最も高い日で4900円台と5000円台にはのっていませんでした。こちらの表を見ていただけるとわかるように金相場が上がってきたのは6月頃からで6月の最高値は5200円と前月に比べて約250円上がっているのが分かります。

6月と言えば大阪でG20で開催された月ですね。そして7月に入ってすぐ韓国への輸出管理が見直され、ホワイト国から除外されここから日韓の関係は悪化しました。会社によっても異なりますが、韓国の影響はさほど感じられませんでしたが香港のデモは影響し特に上半期は全体的に商品の売れ行きが悪く、相場も少し落ち気味でしたが夏頃から上昇してきました。10月は1g5700円台を突破し話題になりましたすでに金を売却した方が多く、以前はとんでもないほど金の買取が多かったのですが値段が高騰した割にはそこまで買取は増えませんでした。(お店にもよると思います)

2019年は徐々に金相場が高騰し、最近は5000円台半ばを常にキープしつつ高い時であれば5700円付近まで到達しております。本当に今年の一年は金を持っている方にしたら素晴らしい一年だったのではないでしょうか。

年月 最安値 最高値
2019年1月 ¥4,797 ¥4,932
2019年2月 ¥4,930 ¥5,091
2019年3月 ¥4,921 ¥5,029
2019年4月 ¥4,899 ¥5,005
2019年5月 ¥4,821 ¥4,905
2019年6月 ¥4,852 ¥5,255
2019年7月 ¥5,115 ¥5,338
2019年8月 ¥5,278 ¥5,597
2019年9月 ¥5,523 ¥5,665
2019年10月 ¥5,593 ¥5,723
2019年11月 ¥5,569 ¥5,741
2019年12月 ¥5,545 ¥5,672

 

2019年は金にとってどんな年だった?

今年は金相場が高騰した年でしたね。金が高騰したのにはやはり景気の先行きが不透明なことが大きな理由で、今年は何かと経済にとって悪いニュースが多かったですね。

世界的に景気がいい時はお金に信用があるためそこまで金の需要が高くありませんが、お金の信用が低くなると金の需要が高まり価格が高騰します。今年は顕著に価格に変動が見られた年でした。

2020年の金相場を予想

では2020年の金相場についてどうなりそうなのか?予想してみたいと思います。

トランプ大統領がどのような政策をとっていくかによってかなり変わってくると思いますが、おそらく2019年同様に高い推移をキープするのではないかと予想できます。もしかしたら6000円に到達する可能性も大いにあります。金相場がどうなるかは誰にも分かりませんが、今の世界経済的にも金相場が極端に下がる事はあまりないように感じます。

この記事を書いた人
MORIMOTO

鑑定士歴13年。鑑定チャンネル編集者のMORIMOTOです。
これまで数えきれないほどのブランド品を実際に触れてきた私だからこそ皆様に伝えられる事があると思っています。
得意なジャンルは時計、バッグ、宝石。質屋→リサイクルショップ在籍中

MORIMOTOをフォローする
金・プラチナ
鑑定チャンネル