ルイヴィトンのモノグラムって正直ダサい?鑑定士が解説します。

ヴィトンのモノグラムって有名だけど実際ダサくない?という声をちらほら聞いたりします。

今回は鑑定士と言う目線でモノグラムはダサいのかどうか調査して行きたいと思います。

モノグラムとは

ヴィトンのモノグラムとは”L”と”V”を合わせた柄のラインでルイヴィトンと言えばこのモノグラム柄をイメージされる方も多いのではないでしょうか。1896年から登場し現在ではヴィトンを代表するデザインとなっています。モノグラムアンプラントやモノグラムエクリプスなどモノグラムをベースとした派生シリーズも多々登場しており、ルイヴィトンのまさに屋台骨と言えるシリーズです。

モノグラムはダサいのか?

では早速本題です。モノグラムはダサいのか?ダサくないのかについてですが、これについては実際人によって価値観が違うため、一言でダサい、ダサくないとは言えません。

なんでもそうだと思います。ダミエをダサいと思う人もいると思いますし、ダミエはめちゃくちゃかっこいい!という人もたくさんいます。

ただそれを言ってしまうと今回のテーマの元も子もありません。

では今まで色々なものを買取してきた鑑定士と言う目線から見てどう思うか?率直に言いましょう。

鑑定ちゃん
鑑定ちゃん

ずばりダサくはないと思っています。しかし正直オシャレとも思いません

モノグラムって本当にすごい数が出回っていてよくも悪くも色々な人が持っています。私からすると定番ですし使いやすいとも思いますが、面白みと言う目線で見るとあまり魅力は感じません。

ただバッグに関してはモノグラムラインは最もたくさん製造されておりバリエーションが豊富な所には魅力を感じます。

モノグラムラインは時代遅れ?

またダサい、ダサくないとは別にモノグラムは時代遅れですか?と聞かれる事が多々あります。

こちらについては時代遅れだとは全く思いません。確かにちょっとマンネリ化をしているのは感じますが、お財布などは中の色のバリエーションが増えたりしており、飽きさせないような工夫がされています。モノグラムはシリーズは時代遅れと言う次元の話では説明ができない唯一無二のラインであることは間違いありません。

モノグラムは男が持っていてもダサくない?

『モノグラムラインのお財布を持つのってダサいですか?』こちらは男性の方からよく聞かれますね。

確かにモノグラムはどちらかと言うと女性に人気が高く、女性向けのアイテムが多いです。ただブリーフバッグなど男性受けのアイテムも実際には作られております。今までメンズラインと言えばエピやタイガなど皮を使っているシリーズの展開ばかりで価格も高い傾向でしたが、ダミエグラフィットやモノグラムマカサー、モノグラムエクリプスなどモノグラムキャンバス素材を使ったメンズラインも出てきており、どちらかと言うと男性はこのようなメンズラインの方がかっこいいと思います。モノグラムラインのお財布をメンズが持つのはダサいとは思いませんが、メンズラインの方が個人的にはおすすめです。

まとめ

以上今回はモノグラムラインはダサいのか?それともダサくないのか?についてまとめました。こちらに関してが人それぞれの感性がありますので色々な意見があると思います。

ダサいと思う人はダサい、ダサくないと思う人はダサくない、それが結論かと思います。今回は具体的な解説ができませんでしたが、何かの参考になればと思います。

この記事を書いた人
MORIMOTO

鑑定士歴13年。鑑定チャンネル編集者のMORIMOTOです。
これまで数えきれないほどのブランド品を実際に触れてきた私だからこそ皆様に伝えられる事があると思っています。
得意なジャンルは時計、バッグ、宝石。質屋→リサイクルショップ在籍中

MORIMOTOをフォローする
ブランド
鑑定チャンネル