ロレックスの中でも不人気モデルってある?現役鑑定士が答えます。

ロレックスって言うととにかく人気が高いブランドで高いって言うイメージがあると思いますが実は中にはそんなに人気がない、いわゆる”不人気モデル”があります。今回はそんな不人気モデルについて解説していきましょう。

どう言った目線で不人気と判断とする?

ロレックスと言うと実際そんなに人気がないモデルってあまりなく、基本的にはどのシリーズもそれなりに中古のマーケットでは流通しています。ではどう言う目線で不人気と判断するかですが、 

⑴ロレックスの店頭に比較的並んでいる

⑵中古で売っていてもあまり売れない(高い金額で売れない)

⑶買取が少ない

⑷買取率が低い

この4つの目線から判断して行こうと思います。

1番目のロレックスの店頭に比較的並んでいると不人気かと言うわけではないのですが、実際に人気の高いモデルは店頭に並ぶと一瞬で売れます。転売目的で購入する方もいるのですが、転売は儲かるため購入しますよ。人気がない、需要がないと転売して儲からないため購入しません。需要があり人気の高いモデルだからすぐ転売目的の人含めすぐに売れるのです。

2番目の中古で売っていてもあまり売れないと言うのはこれは実体験によるものです。私は販売の経験もあり実際に今でも販売に携わっています(並行新品・中古品はどちらも販売)。店頭に並べていてもあまり売れない商品って実際にあります。そう言った目線での判断となります。正確には売れないモデルはないのですが高い金額で売れないという認識の方がいいですね。

3つ目は買取数での目線です。人気があるモデルってそれなりに買取数も多いです。流通数が多いから買取も多いのでは?と思われるかも知れませんが、デイトナのように国内正規店ではほとんど並んでいないモデルも実際買取は結構あります。デイトナは様々な理由で買取が多いのですがこの買取数は人気と関係していると言えるため今回要素に入れました。

4つ目は買取率ですね。こちらは定価÷買取価格を計算した際に人気モデルは高い数値になり人気の低いモデルは買取価格も安くなりますので買取率が低くなります。買取率も今回不人気と判断する要素に入れたいと思います。

ロレックスの不人気モデルについて

では実際に不人気のモデルについて紹介して行きたいと思います。

・チェリー二

画像引用 楽天市場

まず一つ目がチェリー二シリーズです。チェリー二はロレックスの中でもちょっと変わっているシリーズでドレスシリーズ、スポーツシリーズこのどちらにも属さないチェリー二というシリーズになります。個人的にはチェリー二結構好きなのですが、中古マーケットではそこまで売れないです。正確には売れるのですが、定価と近い金額などであまり高い金額で売っていても売れないです。特にチェリー二は価格も高く同じ金額なら別のモデルを購入される方が多いのが現状です。

ロレックスの店頭にも並んでおり、買取率も~70%ぐらいとそこまで高くないのが現状です。買取の数はかなり少ないので元々購入される方が少ないか売る方が少ないかは判別できませんが、今回はロレックスの不人気モデルの一つとさせていただきました。

デイトジャスト レディース イエローゴールド無垢

画像引用 楽天市場

続いて不人気なモデルがレディースのイエローゴールド無垢のデイトジャストです。

イエローゴールドの無垢は高額なこともあり、なかなか中古で販売しても売れないのが現状です。型番179178Gを例にしますと定価は270万後半で楽天市場などを見ても120円台でも売れていません。実際に金無垢のレディース・デイトジャストは販売していてもなかなか売れ行きが良くないです。買取金額は100万前後と買取率は約40%です。買取率が低いことから不人気モデルの一つとさせて頂きました。

スカイドゥエラー  326138

画像引用 楽天市場

スカイドゥエラーのステンレスはとても人気がありますがイエローゴールドはそこまで人気は高くありません。理由としては中古でも300万ぐらいしますので300万ですとイエローゴールドと革ベルトのデイトナが買えるためです。デイトナの人気はとても高く同じ金額ならデイトを買おうという方多いのが現状です。スカイドゥエラーの金無垢と革ベルトを買う方はどちらかと言うと色々な時計を持っている方、お金持ちの方が多く新品を買われる傾向が強いです。

そのため買取価格も240万~260万と買取率は60%前後となっています。

スポーツモデルで不人気モデルは?

スポーツモデルはロレックスの中でも特に人気が高い分野であまり不人気なモデルはありません。買取率という数字で最も低いモデルを調べました。また金無垢モデル、コンビモデルは今回除外しております。

エアキング  116900

画像引用 楽天市場

スポーツモデルで最も買取率が低かったのはエアキング型番116900です。

定価¥676,500に対して買取平均価格¥580,000は買取率85%と多くのモデルが定価を超えているか中エアキングは85%と買取価格が定価を割っています。こう見るとエアキングは人気がないように思えますがドレスシリーズに比べると高い買取率です。

エアキングは新しいモデルになってからスポーツモデルの中に入ってますが(正確にはスポーツモデルではなくプロフェッショナル)元々はドレスウォッチシリーズでロレックスの中でもどちらかと言うと価格が安いというのが特徴なシリーズで元々は登場してます。サブマリーナなどのスポーティさはないけどドレスウォッチのようなエレガントさを兼ね備えておりスポーツとドレスの中間の存在と言えるのではないでしょうか。

関連記事 ロレックスのエアキングは不人気って本当? 

まとめ

以上今回はロレックスの不人気モデルについてまとめました。買取率や買取数など様々な目線で今回は不人気をさせて頂きましたがロレックスはどのモデルも特徴があり魅力的な時計です。不人気とあえて今回は表現しましたがロレックス自体かなり人気が高いブランドです。売るときのことを考えると人気の高いモデルの方が高く売れますので売るときの事を考えて買いたいという方はぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人
MORIMOTO

鑑定士歴13年。鑑定チャンネル編集者のMORIMOTOです。
これまで数えきれないほどのブランド品を実際に触れてきた私だからこそ皆様に伝えられる事があると思っています。
得意なジャンルは時計、バッグ、宝石。質屋→リサイクルショップ在籍中

MORIMOTOをフォローする
買取コラム
鑑定チャンネル