鑑定士が教える。ダイヤモンドを買う際のアドバイス

こんにちは。こんばんは。鑑定ちゃんです。

もうすぐ10月も終わりますね。もう冬はすぐそこまでやって来ています。冬と言えばクリスマス。プレゼントでアクセサリー、ジュエリーなどを贈ると言う方も多いのではないでしょうか。今回はですが、ダイヤモンドを買う時のアドバイス、どう言う点に気をつけて買った方が良いかなどについて少し説明したいと思います。

ダイヤモンドはグレードによって価格が異なる。

まず初めにですが、ダイヤモンドと言っても同じカラット数(重さ)でも価格が異なります。なぜ同じサイズで価格に違いが出るかと言いますと、グレードが異なるためです。

ダイヤモンドは4Cと言う大きく分けて4つの基準で評価されます。ダイヤモンドの色味であるカラー、カット、ダイヤモンドの中がどれくらい綺麗かと言う“クラリティ”、そしてダイヤモンドの重さを表すカラットです。ダイヤモンドのサイズが大きくてグレードが高くなればなるほど価格は上がって来ます。まずダイヤモンドは4Cによって価格が変わってくると言うことを覚えておいてください。

グレードが低いダイヤモンドは鑑定士から見てどう?

時々テレビなどの通販番組で1カラットのダイヤモンドネックレスが10万円で売っているのを見ますが、1カラットでもグレードが低いものであればこれくらいの金額で売られる事があります。そんなに安く売っているのであれば買って売ったら儲かるのでは?と思われたりもしますが、例えば通販番組で10万円ほどで売っている物であれば買取価格は2〜3万になる事が多いです。

グレードが低いダイヤは鑑定士から見てどうかと言いますとはっきり言って好みなのでこればっかりはなんとも言えないです。買取価格が伸びるかどうかで言いますとはっきり言って伸びませんが質よりもサイズを求められるのであればグレードが低いダイヤモンドはありかなと思います。

ダイヤモンドを買う時のアドバイス

いざダイヤモンドを買いに行こうと思いお店に行くとずらっと並んでいてどれにしようか悩まれるかと思います。予算が10万円でもちょっと出せばもう少し良いのが買えると思い頑張りすぎると蓋をあけると予算を大幅に超えたりもし兼ねません。そこでダイヤモンドを買う時のアドバイスを3点ほどしたいと思います。

  • 予算をしっかりと決める
  • 質とサイズのバランスを決めておく
  • 質が良い物を選ぶなら鑑定書付を狙え

まずは予算をしっかりと決めて予算内で買う事をちゃんと決めておきましょう。でないと先ほども言ったように気づいたら大幅に予算を超えてしまっていたなんて事になりかねません。まずはしっかりと予算を決めましょう。

次に質とサイズのバランスをどこで取るか考えておきましょう。これはダイヤモンドを選ぶ時にとても大切なポイントになります!仮に予算が10万円だとして10万円と言う予算の中でも0.2カラットでグレードの高い綺麗な物を買うか、0.5カラッとでグレードを抑えて買うか、その中間0.35カラットぐらいで適度な物を買うか自分が一番何を求めたいかイメージだけでもしておきましょう。

そして三つ目。質が良いダイヤモンドを買う時もしできたら鑑定書付の物を買う事をオススメします。鑑定書はダイヤモンドのグレードを表す大切なものです。

正直グレードが高いものになると専門の機関でないと判断ができません。ましては肉眼では分かりませんので鑑定書が付いていると安心です。ただ鑑定書も信頼がない鑑定機関もありますがないよりかはあった方がいい事は言うまでもありません。

最後に

以上今回はダイヤモンドを買う時のアドバイスについて少し説明をさせていただきました。ダイヤモンドなどのジュエリーは買う時非常に高額です。慎重に慎重に選んで大切にして頂けたらと思います。またダイヤモンドは輝きを失うことはありませんが、汚れが付着すると本来の輝きが出ないこともありますので定期的にクリーニングをする事をオススメします。

この記事を書いた人
MORIMOTO

鑑定士歴13年。鑑定チャンネル編集者のMORIMOTOです。
これまで数えきれないほどのブランド品を実際に触れてきた私だからこそ皆様に伝えられる事があると思っています。
得意なジャンルは時計、バッグ、宝石。質屋→リサイクルショップ在籍中

MORIMOTOをフォローする
宝石
鑑定チャンネル