ジッピーコインパースの使い勝手はどうなの?元愛用者が解説。

鑑定チャンネル投稿者のMORIMOTOです。

今回はですが先日ジッピーウォレットの使い勝手について解説したのに続き、ジッピーコインパースについても解説していきたいと思います。ジッピーコインパースも実際に使っていたので、実際に使ってみての使い勝手などを率直にまとめていきたいと思います!

ジッピーコインパースについて

まず初めにジッピーコインパース何なのか?財布なのか?小銭入れなのか?カードケースなのか?などジッピーコインパースについて少し説明します。

実はジッピーコインパースの用途は3つの使い方ができます。

①お札を折りたたんで使う

②小銭入れとして使う

③カードを収納する

そうです。お財布としての機能を備えているのです。イメージはコンパクトなお財布です。

人によってはお札を折りたたんで小銭も少し入れ、尚且つカードも入れている方もいらしゃいますし、小銭ケースとして使う人、カードケースとして使う人。それぞれです。

ジッピーコインパースはヴィトンの中ではかなり定番のアイテムでモノグラムやダミエなどの定番ラインはもちろん限定ラインなどでも展開されるアイテムです。

ダミエグラフィットやタイガラインと言ったメンズラインでももちろん展開されていますが、少しだけメンズラインはサイズ小さくなっています。男性は女性に比べてコンパクトなものを選ばれる傾向があるため、そのような仕様になっています。

ジッピーコインパースの使い勝手について

では今回の本題であるジッピーコインパースの使い勝手について解説します。

どういう用途で使うかによっても若干変わってきますが、

私はカードを1~2枚。お札も数枚。どちらかと言うと小銭ケースとして使っていました。

結論的に使い勝手は◎。

使い勝手が良いと思ったポイントは

 

・ちょっとした時に使うにぴったりのサイズ

・ファスナーで開閉するタイプですので、多少小銭が多くても入る

・カードケースをいれるポケットも充実

 

以上3つが実際に使ってみて使い勝手が良いなと思った点です。ちょっとしたお買い物の時など特に長財布を持っている方は出すのが面倒な時ってありますよね。そういう時にジッピーコインパースぐらいコンパクトなお財布を持っていると非常に便利です。はかなり使い勝手は良いと思います。

ジッピーコインパースはどういう人にオススメ? 

ではジッピーコインパースはどういう人にオススメかと言うと、本当に容量は小さくて良いから小さなお財布が欲しいと言う方にオススメです。コインケースのみで使いたい方はポシェットクレなどもありますし、カードのみで使い方はマチ付きの名刺入れの方が出し入れはしやすため、そちらをオススメしますが、”カードも入れたい””小銭も入れたい””お札も入れたい”と色々な使い方ができるものを探されている方は特にジッピーコインパースがオススメです。

ジッピーコインパースは容量がそこまで入らないのでメインのお財布としては使い勝手が悪いです。そのためメインのお財布と別に持つ方が多いと思いますが、いちいち分けるのが面倒と言う方などめんどくさがりな方はあまりオススメはしません。またお札も数枚であれば問題ありませんが、ある程度の枚数入れたいと言う方にもオススメできません。

ジッピーコインパースのダメなところは?

ジッピーコインパースのダメなところ、使い勝手が悪い所を探してみました。

特にこれといった使い勝手が悪い点はありませんでしたが、個人的にはメンズラインもモノグラムやダミエなどと同じサイズ感でも良い気がします。メンズシリーズが『縦7.0㎝✖️横11.0㎝✖️マチ2.0㎝』に対して『縦8.5㎝✖️11.0㎝✖️マチ2.0mm』とそこまで変わらないように思えますが、このサイズの1.5㎝違うのは意外と小さく感じます。

ただ最近はキャッシュレスの時代で小銭を持つ方が減ってきています。小銭を入れないのであれば十分と言えるサイズではないでしょうか。

まとめ

以上今回はジッピーコインパースの使い勝手についてまとめました。

小さいながらも札入れ、小銭入れ、カードケースとして使えるため個人的には使い勝手は良いと思いますが、ある程度の容量が欲しい方からすると少し使い勝手は悪いと思えるかもしれません。

使う用途によって使い勝手が良い、悪いが個々で出てくると思いますので、どう言う使い方をするか考え実物をみて方是非購入してください。

この記事を書いた人
MORIMOTO

鑑定士歴13年。鑑定チャンネル編集者のMORIMOTOです。
これまで数えきれないほどのブランド品を実際に触れてきた私だからこそ皆様に伝えられる事があると思っています。
得意なジャンルは時計、バッグ、宝石。質屋→リサイクルショップ在籍中

MORIMOTOをフォローする
買取コラム
鑑定チャンネル